FC2ブログ

信州上田原町日記

信州上田原町日記の飜刻作業を、過去數年「NPO文字鏡ネット」が許諾を得てホウムペイジに發表。その後「文字文化協會」と改稱した同NPOが継承して居りましたが、平成弐拾七年八月、長いこと御讀みいただいたことに感謝して、この頁を綴ぢます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご挨拶

原町日記は、明治2年の版籍奉還により、上田藩としての地方知行でなくなつたため、書き繼がれることなく終はりました。
長いこと御讀みいただいたことに感謝して、この頁を綴ぢます。

ueda_3.jpg   ueda_2.jpg

ueda_1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/08/01(土) 17:24:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18681204

12-04_2015050918553683a.jpg
 差出し成らせらる可し 此の段申し達し候 以上
           十二月八日

          恐れ乍ら書付を以て願ひ上げ奉り候
    私儀是迄酒造米貳百九十五石六斗七升五合株
    所持仕り渡世罷り在り候處此度株御改めに付き四石三斗
    貳升五合増し、合三百石に成され下し置かれ候やう願ひ上げ奉り候
    御冥加の儀は
    仰せ付けられ次第 御上納仕る可く候間 恐れ乍ら右願ひの通り
    御聞き済ませ下され置き候はば有り難き仕合せに存じ奉り候 以上
          辰十二月
                        原町
                          伊藤織之助
       御奉行樣

    前書の通り願ひ上げ奉り候に付き 奥書印形仕り恐れ乍ら
差上げ奉り候  以上
                問屋代
                   瀧澤民之助
                町年寄代役
                   伊藤右一

天保十四年                  柳町
一 酒造米 百八拾石               小堺屋
                           類吉
                          此度
                           平助より預り
      株金 三拾六兩也

一 同  貳百八拾石             原町
                         鼠屋
                          源太郎
                         鼠屋
一 同  百四石九斗三升七合            源七
  1. 2015/05/09(土) 19:02:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18681203

12-03_20150502182555cf0.jpg
    時宜次第は取り押へ候ても苦しからず候 萬一事情汲み
    小事とのみ心得 彼是斟酌等之有り候儀にて
    相ひ濟まざる事に付き 銘々組々村々町内限り申談取締り句
    嚴重相ひ立ち候やう致す可き事
       尚取締り向きの儀は 村々町内限り申談
       見込み申し出で候やう致す可き事
         十一月廿八日
師岡主洽様
松平*次郎様

    右の御方樣去る四月飯嶋御出立 今七月長久保宿
    御泊にて御歸宅御觸參る

    御警衞に付き急場調達金并役人才覺金兩口
    の文今日御下*金に相ひ成り候間 八ツ時過ぎ 役所へ
    御越し成さる可く候 右に付き出作上納金の儀は郷手代へ相ひ頼み
    一日繰り下げ 明日上納之有り候やう 自分共より掛合ひ置き
    申し候間 明日取り揃へ上納致さる可く候 此段申し達し候 已上
           十二月八日
      柳町年寄本役仰せ付けられ候         岡崎京太郎
    右明九月四ツ時會所へ呼出しに候間 御申付け成さる可く候
    より御立會例の通り御取計らひ成さる可く候    以上
           十二月八日


    兼ねて先達て中* 仰せ出され候酒造株金并鑑札添へ
    酒造家の者より明九日九ツ時迄に取立て役所へ御


  1. 2015/05/09(土) 18:31:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18681202

12-02.jpg12-002
       一金 千五百兩   原町
     右者當辰御物成米之内當月金納に候間
     石相場を以て取立て來る八日四ツ時役所へ差出でらるべく候 已上
          十一月三日
       追つて納辻書早々差し出づべく候

                         淨念寺
    右愼みて御免の御達しに候間 早刻申し聞き候


一去月廿七日才覺金 御頼み成され候節御書付左の通り

    當春以來意外の世變に立ち到り、諸々御人數出で
    候て追々越後筋御出兵に相ひ成り、前後莫大の御用途
    の處、度々急場調達并びに才覺金等
    仰せ付けられ候處、何れも出精を御間欠無く此度休兵に相ひ成り
    御滿足に思し召し候、然る處、當秋は殊成りて違作に付き、御収納の
    向き格外の御減し方に相ひ成り、此の上の御取凌ぎ御手詰
    にて甚だ御心痛遊ばされ候 併し乍ら當暮、御約定御下ゲ金
    の口々如何樣にも御手操を以て夫々御下ゲ金成し下され候 就
    ては此上申し聞き候者實に以て氣の毒千萬御不本意に思し召され
    候へども、尚亦壹萬五千兩才覺を以て調達
仰せ付けられ候 時節柄察し入り候へども、如何樣にも出精調達いたし
呉れ候樣頼み入れ度く候、猶委細の儀は手代共より申し聞く可く候事
    十一月

近來盗賊横行致し人民を悩ませ候段
皇化洽及の柄 捨て置き難き事に付き 嚴重取締り方
取り計らふ可き旨 今般伊奈縣より御達しに付き 町方問屋年寄
在中割番庄屋へ盗賊取締り方申し付け候 篤と
    申談、不取締り之無きやう入念致す可し。且つ博奕の儀は
    嚴重御制禁之有り候處 兎に角心得違ひの者も之有り
    始終に御厄介筋相ひ絶えず以ての外の事に候 右は獨り
    遊惰に流れ候のみに之無く所々無頼の徒と相ひ交はり候處
    より右等の徒も立入り候樣に相ひ成り 自然不取締りの基
    にて容易ならざる儀に付き 是又改めて一同ものへ右の取締り
    申し付け候 若し心得違ひの者之有り候はば 用捨無く早々申し出




  1. 2013/04/06(土) 14:36:44|
  2. 明治元年師走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18681201

12-01.jpg
十二月          原町番
    轉役   中澤五郎太殿
    御定役  河内安左衞門
   右御達ニ付 例の通り御祝い相勤め申し候

                  伊奈縣
                    判事
                      落合源一郎樣
                    庶務方
                      伊谷順之助樣
                    付屬
                      三輪林太郎樣

右の御方樣方御用に就き去る五日伊奈縣御出立にて
御廻村にて御通行

       御休泊
十二月五日小諸御泊     〃十六日當處御晝   〃晩中之條御泊

一金千五百兩   兩に一斗四升
           海野町


  1. 2013/03/30(土) 10:27:03|
  2. 明治元年師走
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。